【元キャストのホンネ】私が見たディズニーランドの裏と真実!


 

Written by Miki
 2018-10-19


こんにちは、ちなみにこのねずみさんは私の大切な3代目のパールホワイトハムスターのミシェルちゃん。

さてさて私はディズニーが好きで、学生時代何年も年パスを持ち、友達と休日や放課後遊びに行ったりしていました。大学進学が決定してからはディズニーランドでショーやパレードの案内人として働いていたりと、学生時代の50%はディズニーで生きていた気がします。

先週、3年ぶりにディズニーランドへ彼と韓国からの友達、そして元キャストの友達と、4人で行きました。
久しぶのランドの懐かしい匂いや風景、ディズニー経験の少ない人達と行ったことで、
初心を思い出し他ので、今回は東京ディズニーランドのバックステージについて語ることにしますね!!

まずはキャラクターの中身だよね。


まずは皆んな気になること。
率直に言います。魔法で動いているわけではありませんよ。
そんなの皆わかってる。
ミッキーやミニーだって休憩します。場所によっては私と同じトイレを使うことだって。そういう時は動きやすい服がいいよね。

キャラクターは裏でなにしとんの?

裏で会う時も、ミッキーはミッキーです。
ちなみにジャック・スパロウもジャック・スパロウ。本当そのまま。

オープン前は何してるん

私の場合はオープン作業の時は毎回始発で出勤していました。
ちなみに遅刻しそうな時は駅から走って、酸素の薄いロッカールームで酸欠でクラクラしたことも。懐かしい。
事前のミーティングで最新情報を頭に入れたり、パレードやショーでガイドロープとして地面にさすポールの中に雨水が溜まっている場合は、後になって座っているお客さんにかから無いように水を吐き出したりと。
オープン前のパークは鳥のさえずりが聞こえ、静かで、太陽がキラキラとしていたのを覚えています。

子供の誘拐、人身売買とかいう噂。

よく言われますが、正直私の知る限りそんな話は聞いた事ないです。
普通に考えてゲストがたくさんいますし、キャストもそこらじゅうにいますし、インカムでやりとりして親を探したり。迷子マニュアルもあり、
すぐに迷子センターに連れて行くようにしているので、そんなスキは無いように感じます。

秘密の地下通路だって?

これよく聞かれます。
パークの中心にあるようなお店は在庫をパークの中から通すわけにはいかないので、ゲストの目につかない様に、ちょっとした地下通路を通したりしています。
が、多分その地下世界の話は米ディズニーの話だと思います。本当かわからなく、そういう噂を写真で見たり聞いたことがあるくらいです。

パレードはどうやって動いてるか聞かれました。


勤務中に、パレードのフロートはどうやって動いているのか、聞かれたことがあります。小さな子だったので”妖精の的な魔法で動かしてるんだよ〜”なんて言ってしまいましたが、自動車の様に運転できます。そしてそのフロート1台1台に安全に誘導する人も付いています。

ちなみに一番空いている時期は?

経験上2月かな〜って思います。
理由は寒くてイベントもやってないから。
冬の日の外での仕事は寒すぎて当時薄手のヒートテックを3重ね着してました。

働いている人たちはどう?

私の部署は何百人もおり、お城の前のショーや1回のパーレドでパーク中に安全が行き渡るように大量の人数が駆り出され、時間に追われなかなか忙しく慌ただしい部署だったために上の人は大勢をまとめるのに大変そうでした。正直人によっては少し荒い言葉遣いを聞いた事もしばしば、まぁ人間なので。ですが基本みんな元気でコミュニケーション力が高く、ハキハキした体育会系の部署でした。
特に夜は高校や大学終わりに働きに来る学生が多かったので、学校のような雰囲気でみんな和気藹々としていました。
仕事上、他の部署とも関わることも多かったのですが、初めて会った私に対してもジャングルクルーズの人たちは元気で明るく、ファンタジーランドの人たちは優しく暖かく、なんとなく場所によって雰囲気の違いを感じました。他のユニットの方とのお仕事は新鮮で楽しかったです。

ディズニーの仕事は大変?


上記に書いたように私はエンターテイメントの案内でした。
皆さんも覚えがあるかと思いますが、パレードの前に大きな声で案内をしたり、ダンスレクチャーをしたり、拍手練習をするアレを覚えないといけ無いのです。アレは何種類もあり、長い文章を全て暗記し、何百人もの前で大きな声で喋らなきゃいけません。最初のうちは通勤中ずっと黙読をしたり、ゲストの前で失敗して恥をかいたりしました。

またショーやパレードをすると何万人ものゲストの道が塞がれます。できる限り効率よく園内を移動できるように、パークにある全てのガイドロープの穴の番号や順番全てを把握しなければならなく、日によって仲間や担当も違うので、全エリアを覚えるのは容易なことではありませんでした。毎日が初めてと言っても過言ではありません。
後、ゲストに現実を見せない様に、横文字の隠語などもう忘れたけど色々覚えました。横文字おおいんです。

あとゲストに対して、”右側通行でお願いします”とか”ファンキャップは外してください”とかすごい量の“お願い”があり、ゲストからするとウザイと思われてたりするだろうなぁなんて。嫌なキャストにはなりたくない、でも全てに理由があるから協力してほしいって葛藤がありました。

他のバイトもした事があるのですがディズニーの仕事は正直なかなか濃く、内容がどんどん新しく変化するので、常に縮小した資料を毎回ポケットに入れて働いていました。

大変だけど、アルバイトだからとうい感覚はあまりありませんでした。自分がディズニーを動かす一人としてオンステージ(パーク)に立つことは誇らく感じるとともに、沢山のキャストやゲストとの出会いもあり、毎回ワクワク仕事をしていた記憶があります。おかげで物怖じせず、人ととのコミュニーケーションが好きになりました。
それと好きなショーやパレードを間近で感じれたのも特権でした。

ディズニーで働いてわかった真実。


ミッキーにしたってパレードにしたって、魔法の空間にしたって、


全部
人間がやっている 

そんなの皆わかってる、
嬉しいときも、楽しいときも、疲れた時も皆んな人間らしくイキイキと働いていました。

でも決まった時間に舞浜駅に来て、決まった時間に何かを起こして、
時には本場ディズニーの視察が来たりして、積み重ねて改良してきた知恵やルールを裏の古いオフィスでまとめる人。
パレード中に隅で衣装に不備がないかチェックしたり壊れた衣装を拾う人。夜中にショーのテストをしていたり、いつ出動するのかもわから無い消防隊だって待機しているという事を知ったり。 

子供の頃はディズニーの裏は酷いのかなぁ着ぐるみの中は人がはいってるのかなぁ、なんて検索した事あったけど、働いてみて、そして現在社会で就職してみて、ひしひしと感じた、沢山の人達が裏であの夢の空間を30年間維持し、成長させていってました

一旦この位で。
また思い出したら書き足します。

スポンサーリンク
レクタングル大広告




トップへ戻る